小冊子ゆうゆうのご紹介
(令和3年6月号より)
ゆうゆうインタビュー
/ 高田 敏江 さん
最新健康情報  「新型コロナワクチンについて」
/ 川口 実
寧日雑録 「『揺籃』の歌ども」
/ 林 望
旅する心、旅する体
「早池峰山東麓の森の中、蚊帳で眠る贅沢な一夜」
/ 猿田 勇
シングルライフの静かな日々 「夢見る」
/ 海老坂 武
日々坦々 「「ちょうちょう」の唱歌」
/ 麻生 健洲 
ほか

令和3年6月号ゆうゆうインタビューは、女優の 高田 敏江さんです。

高田敏江さんが劇団民藝の舞台に初めて立ったのは、十九歳のとき。以来テレビドラマや映画でも幅広い役を演じてきました。ライフワークとして一九八五年から、戦争体験者の女優仲間とともに、広島・長崎の被爆者が書いた手記を朗読する会で活動してきました。一昨年、会は解散しましたが、今も有志で公演を続けています。三十五年におよぶ平和活動のエネルギーの源は?女優の仕事についてこれまでを振り返って考えることなど、お話をうかがいました。〜冒頭部より〜

― ゆうゆうインタビューにご登場いただいた皆様 ―
詩人:高木護さん/故・遠藤周作氏夫人:遠藤順子さん/大脳生理学者・京都大学名誉教授:大島清さん/著述家・中国文学者:村山孚さん/報道写真家:石川文洋さん/映画監督:シネマ伝道使:河崎義祐さん/「定年塾」代表・ フリーライター:西田小夜子さん/精神科医・福島学院大学教授:星野仁彦さん/作家:城山三郎さん/住職:無着成恭さん/作家:下重暁子さん/哲学者:鶴見俊輔さん/俳人: 金子兜太さん ほか多数



小冊子「ゆうゆう」は「老後の自立」をテーマにしたインタビュー記事、健康・旅行などに関するシニア向けの読み物。小冊子ながら興味深い記事が多く、読者の皆さまから多くの支持をいただいています。

創刊/昭和49年 発行/年4回(季刊) 体裁/B5判24ページ

見本誌(サンプル)お申込み