小冊子ゆうゆうのご紹介
(令和4年9月号より)
ゆうゆうインタビュー
/ 湯川 れい子 さん
最新健康情報  「「ポリファーマシー」って何?」
/ 川口 実
寧日雑録 「西郷の幻影」
/ 林 望
旅する心、旅する体
「大火砕流から30年目の年に島原で行われた写真展へ」
/ 猿田 勇
シングルライフの静かな日々 「夏の思い出」
/ 海老坂 武
日々坦々 「充実したいまを過ごす」
/ 麻生 健洲 
ほか

令和4年9月号ゆうゆうインタビューは、音楽評論家、ラジオDJ、作詞家の湯川れい子さんです。

湯川れい子さんは1960年にジャズ評論家としてデビュー。エルヴィス・プレスリー、ポール・マッカートニー、マイケル・ジャクソンなどと交流し、独自の視点でポップスを評論・解説。国内外の音楽シーンを紹介してきました。女性のラジオDJや作詞家としても先駆的存在です。1980年代からは環境などをテーマに世界の女性とつながる会を結成。現在も健康、平和、教育、音楽療法に関する活動・講演を続けています。湯川さんが音楽を愛し、平和の大切さを主張してきた原点は?敬愛するエルヴィス・プレスリーのことについてもうかがいました。
〜冒頭部より〜

― ゆうゆうインタビューにご登場いただいた皆様 ―
詩人:高木護さん/故・遠藤周作氏夫人:遠藤順子さん/大脳生理学者・京都大学名誉教授:大島清さん/著述家・中国文学者:村山孚さん/報道写真家:石川文洋さん/映画監督:シネマ伝道使:河崎義祐さん/「定年塾」代表・ フリーライター:西田小夜子さん/精神科医・福島学院大学教授:星野仁彦さん/作家:城山三郎さん/住職:無着成恭さん/作家:下重暁子さん/哲学者:鶴見俊輔さん/俳人: 金子兜太さん ほか多数



小冊子「ゆうゆう」は「老後の自立」をテーマにしたインタビュー記事、健康・旅行などに関するシニア向けの読み物。小冊子ながら興味深い記事が多く、読者の皆さまから多くの支持をいただいています。

創刊/昭和49年 発行/年4回(季刊) 体裁/B5判24ページ

見本誌(サンプル)お申込み